日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

西郷どんの影響は今も?!

北朝鮮の非核化の費用は日韓が負担する?それに対して非核化の初期準備金があると応え、G7では太平洋ゴミの地球環境問題の協定書に日米がサインをしない。

日本は米国に追従し過ぎ、戦後70年以上経っても日本は、未だに米国の占領下にあるのではないかと思えてしまいますねぇ。

戦争を起こした軍人の責任は、大きいなぁと・・・。軍部の暴走は、負けることが分かっていた米国と戦争し、その原因は日露戦争だと云われていますが・・・。

         日本海海戦 日本海海戦へ向かう

日露戦争は明治維新から37年後に大国露西亜を相手に起こした戦争で、薄氷を踏む思いで勝利したものでしたが、日本人の多くはそう思ってはいませんでした。

この戦争のために政府は国民に重税を課し、外国からも巨額の借金をしていたので、戦後も税金を取り続けなければならなかったために、「勝った」 ことを吹聴しなければならなかったというのですね。

伊藤博文は戦争が始まると金子堅太郎を米国に派遣して、露西亜との終戦時の仲介のロビー活動をさせます。日本海海戦に勝利したところで、米国のセオドアルーズベルト大統領が講和勧告を行いました。

            伊藤 伊藤博文

日本政府は日露戦争では終戦の処理を考えていたのですが、太平洋戦争では全く考えていませんでした。

昭和20年(1945)になってソ連に仲介工作しようとしますが、ソ連は米英とヤルタ会談で日ソ不可侵条約を廃棄することを約束していたのですから、仲介なんかしてくれるはずがありません。

太平洋戦争での軍部の暴走は、日露戦争より前の西南戦争が原因だともいわれています。

西南戦争では、政府は大阪まで出て来て下関との間を通信で繋ぎ、政府に許可を得て戦場の軍隊を動かしていましたよ。

政府軍の参謀だった山縣有朋は、それが大変な手間で面倒だったことから西南戦争後に、軍隊の指揮権だけは政府から外すように主張しました。所謂シビリアンコントロールを山縣は、嫌がったのですね。

政府の大久保利通や伊藤らは 「そんなことをしたら軍隊が独走して、国家の中に自分たちの国家を作るかもしれない。そんな危ないことはダメだ」 と反対しました。

            山県有朋 山縣有朋

山縣は言葉巧みに 「そんなことはしない、俺たちは仲間ではないか」 と国家の制度を決めるのに、心情に訴えたのですね。ちょっと待ってよ山縣さん、貴方は大正11年(1922)に死んでしまうのですよー

西南戦争の翌年大久保利通が暗殺されると、シビリアンコントロールを外し軍は独立して天皇の直属組織になり、帷幄上奏権(いあくじょうそうけん)を手に入れてしまいました。

シビリアンコントロールを外したのはプロセイン(ドイツ)方式で、英・仏軍では許可されていません。シビリアンコントロールを外したドイツは、第一次世界大戦で軍が暴走したことも敗因の一つだといわれています。

帷幄上奏権とは明治憲法に於ける大元帥の天皇に対して、参謀長が直接軍略を上奏し許可を貰うことが出来る権利です。

山縣はシビリアンコントロールをなくし、軍隊を思い通りに動かせる権限を手に入れることで、政府を取り仕切っていた伊藤と張り合ったというのですね。

山縣は長州藩士といっていますが、伊藤より低い身分で、足軽より下の中間の家柄から のし上がったので、武士階級を嫉み権力欲が強いといわれています。

            西郷像上野  

西南戦争で薩摩の主要な人たちが戦死し、西南戦争の翌年には大久保も暗殺されると、残ったのが伊藤や山縣の長州勢だったのですねぇ。伊藤は大久保に可愛がられ、山縣は西郷を慕っていたともいわれています。

討幕から150年 近代のはじまりから、この国の礎から間違っていたのかも。
西郷や大久保、木戸孝允らが、あと10年生きていれば近代は違う形になったかと、歴史のイフを考えてしまいます。

現首相は祖父を尊敬しているようですが、その祖父は米国が使い勝手が良さそうなので、首相になった人と云われ、財務相の祖父も又米国にしっぽを振っていたのよねぇ。






▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1669-a9cf6a7b

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する