日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

隣町に家康が、我家に本がやって来た?!

先日 隣町に東本願寺所蔵の徳川家康から下賜された馬具や軍扇の展示があるというので、見に行きましたよ。

教如上人は秀吉に隠退処分を受けますが、関ヶ原の合戦から2年後の慶長7年(1602)に、家康から京都烏丸六条・七条間の地を下賜され東本願寺を建立しました。

   教如と家康

関ヶ原の合戦前に下野小山の陣中で、家康は教如上人に馬具や軍扇を下賜しました。
今回その下賜された物と東本願寺への書状などが展示されていました。

    鞍 鐙
       棕櫚蒔絵鞍                 棕櫚蒔絵鐙

棕櫚蒔絵鞍と棕櫚蒔絵鐙は、鞍に比べて鐙が大きいような感じで、棕櫚蒔絵の鞍や鐙が実用されていたのかなと思いましたね。

      軍扇 軍扇

帰りは都電に乗って三ノ輪から再開発された南千住周辺を歩いてみたら、胡録神社という神社を見つけました。

     都電

川中島の戦で敗れた上杉家の家臣 高田嘉左衛門は、敗走して辿りついたこの地を永住と定め、生活の安寧を祈願し建立したのが胡録神社だというのですね。

   ころく神社 ころく朱印

本殿は嘉永5年(1852)に改築造営されたもので、5月5日のみ発行するカラフルな御朱印を頂きましたよ。

さて、GWの最中に送られて来たのは、先日予告をした広目屋&遊山著 『洒落倒し江戸300』 です。

お買上第1号、2号の昭ちゃんとロコさんには昨日発送しましたので、明日以降にお手元に届くと思われますよー

   本1

例えばこの頁 見開きで 「皆→百姓集り・民集り・迷惑ばかり」 1637年・1737年・1837年の事件が書かれています。

1637年は寛永14年で天草一揆に百姓集りですね、1737年は元文2年の吉宗が桜植樹したので江戸のお花見の民集り、1837年は天保8年の大塩平八郎の乱とモリソン号事件は迷惑ばかりとなり、イラストと共に書かれているので面白く読めます。

定価は税別で1800円、この1冊で江戸時代の出来事は、大方網羅できます。

購入希望の方は、このブログの 拍手を押す→拍手完了の下方にコメント欄がある→コメント欄に連絡先(メールアド)を記入する→ヒナから返信メールを送り購入方法をお知らせします。

上記の操作をして頂ければ拍手コメント欄は、管理者だけしか見ることが出来ません。
連絡先は公になりませんので、ご安心下さい。





▽コメント

 

千住姐さん忙しかったことでしょー
楽しみにしています。
東京は気温が低いとか今の時期
説明がつかないですね。

 

昭ちゃん、今日は寒くて洗って仕舞ったダウンのベストを着てますよー
埼玉のロコさんには、今日着いたと連絡がありましたので、明日着くかも⁇
広目屋さんも読んで貰えるのが、嬉しいと言ってました。

 

やはり偏西風の蛇行で寒気の南下ですね、
でも時期的には異常ですよ。

 

姐さん今入手しました楽しい本ですね、
取りあえず開けたページから、、、
「江戸あいとの紹介」
笑いながら読んでいます。
 探索の面白さをまたブログで
姐さんプレゼント有難うー
皆さんによろしく。

 

昭ちゃん、面白いでしょ🤣
笑いと共に江戸の出来事が判るし、後からあれは何年とか直ぐに見る事が出来ますね。
昭ちゃんには、字が小さいかも知れないけど、少しづつ読んでね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1657-1d38058f

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する