日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

ビックリ官僚?!

官僚による明らかな嘘や不祥事が続いていますねぇ。セクハラは余りにも品がなさ過ぎます。ヒナは建築会社でしたが、あの官僚より少し上の世代からでも酒席で、あの様な品のない言葉はありませんでしたよー

官僚制の原型は江戸時代にあると云われ、幕府の財務を管理する勘定所が典型的だと云われています。

        大久保利通 大久保利通

戦をやることがなくなった武士が行政を担うようになり、吉宗の時代に家禄が役高に達しない者に、在職中にはその不足額を支給する足高の制を取り入れ、能力主義による人材登用をしました。

幕末近くになると、お金があれば農民でも商人でも御家人株を買って、武士になることが出来る様になりますね。

勝海舟の祖父は盲人でしたが御家人株を買い武士になり、川路聖謨も低い身分から勘定奉行となりロシアのプチャーチンと外交交渉をしました。

そう言えば、川路は奈良奉行のときに下ネタを笑いにして、手紙に書いて母に送っていましたけどね。

明治政府は官僚制を中心にすえた統治システムを築き、欧米に比べ早いペースで、戦後の行政官僚制の原型を形成したと云われています。階層的な組織と顕現構造、資格任用や競争選抜、人事システムなどの基本を成立していたというのです。

昭和前期の太平洋戦争に至るプロセスは、多くの点で官僚が主導した産業育成を伴い、国民の社会・経済的な動員の仕組みとして機能するようになりました。

戦後GHQは占領統治に、この官僚制を活用することにしたのですよ。

GHQは軍部・枢密院を廃止し、強力な権力を持っていた内務省・大蔵省も解体することを考えていました。

     明治33年内務省庁舎 明治33年(1900)の内務省庁舎

内務省は、明治の初めドイツを訪問した大久保利通が強い指導者ビスマルクの下で、官僚機構を活用した近代化を推し進めている様子を目の当たりにして強い影響を受け、強い行政権限を持つ官僚機構として設立し初代内務卿となりました。

内務省はGHQの地方自治体の首長選出方法で、GHQに従うような形を取りながら、したたかに抵抗します。更に、警察権力を分権したいGHQに対し、強化させたい内務省は分権化に消極的であったことから、解体に追い込まれます。

大蔵省は財政面の実権を握っていたにも拘らず、戦争中軍部に抗しきれなかったことを問題にされます。有事の際の軍事費は国家予算の半分近くで、日中戦争以降は75%が軍事費でした。

大蔵省は解体される情報をキャッチすると、GHQときめ細かくコミュニケーションを行い、占領統治に協力します。

時代の覇者に仕える官僚的対応の伝統を丁寧に実行し、GHQに対し自らの有用性をアピールすることによって解体を免れることになりました。

大蔵省を中心とした省庁官僚制は戦前の体制を引き継ぎ、新憲法体制が 「行政の温存と強化」 の上に成り立っていることは、否定できないといわれています。

ヒナは建築会社に入る前に農林省に半年ほど居ましたが、民間に比べ通常は忙しいように見えず、年度末になると急に出張者が増えることに驚きましたよー






▽コメント

 

千住姐さん初夏の気温が続き
GWに咲く「なんじゃもんじゃ・ヒトツバタゴ」がもう満開です。
70・80年代と異なって90代はすべてが初体験
思わぬ落とし穴がありますよ。




 

昭ちゃん、東京も今日は夏日で、この時期の気候より暑いですよー
日本から春と秋がなくなってしまったようですねぇ^^;
落とし穴?体調は大丈夫ですか??
無理せず、身体に気を付けてくださいね!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1651-0506d5d8

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する