日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

江戸始図?!

「暑さ、寒さも彼岸まで」 で、同じ暑い日でも秋の気配を朝夕に感じるようになりましたねぇ。
今日はお墓参りの帰りに、日比谷図書文化館へ行って来ました。

         日比谷図書館

先日 遊さんから今年初めに松江歴史館で見つかった 『江戸始図』 の展示が19日から11月19日まで日比谷図書文化館であると教えてもらったので行って来ましたよ。

「松江城と江戸城」展は、入場無料ですが中々見応えがありました。

1607-1609年頃の江戸城とされ、松江歴史館所蔵の 「極秘諸国城図」 の中の 『江戸始図』 は、A3サイズより少し小さいものです。家康が築いた江戸城を描いた最古級の絵図で、南側が城塞のようになっていて、大名屋敷が御城周辺に配置されています。

         日比谷パンフレット

松江城や他の江戸の地図などもあり、興味が引かれたのは明暦の大火以前の江戸城周辺を表した 『新添江戸之図』 でしたよ。

現代も皇居の石垣に残る大名家の刻印石の場所と刻印の説明とか、家康入府以前の八重洲北口の遺跡が墓址であったこと。

16世紀の墓址から、聖母子像が刻まれた青銅のメダイとロザリオの珠の出土品や遺体の写真など、今まで見ることがなかった東京駅・有楽町から出土した物も展示されてました。

         日比谷公園
           日比谷公園内では芝生の張替え中でした

ヒナはこの絵図が発見された時から、お城の周辺の大名屋敷に興味があり、島根県在住の英ちゃんに写真を送って貰ったりしてましたが、英ちゃんから江戸城の本が発売されることを聞いて、入手していますよ。

ヒナは、いつも江戸仲間のお陰で情報を得ることが出来、今日は空いていたので、一つ一つをゆっくり見ることが出来ました^^

始まったばかりなので、興味がある方は見に行っては如何でしょう?






▽コメント

 

ヒナさま
ご無沙汰しております。ニュースで見てわっと思いました。
「博覧強記」には「現在は家光建造のものしかわかっていない」と
書いてありましたものね
最近埼玉に沢山城跡があるので縄張りの図、だんだん見慣れてきたんです。
是非行ってみたいとおもっています。
日比谷図書文化館は時々すんごい展示があって要チェックですね。

 

小ツルさん、お久しぶりです。
お時間があったら見に行って下さい。
家康の天守は、小天守がある連立式天守で、家光の天守とは違うのですね。
家康の江戸城は、軍事的な作りだったことが分かりますよ。

 秋の江戸探訪

ヒナさま、お久し振りです。
国政が何やら慌ただしくなりましたね。都政はダメダメです。(怒り)

貴重な情報をありがとうございます。入場無料とは2倍楽しめそうです。(汗)
10月4日まで浅草の待乳山聖天本龍院で「待乳山と隅田川」展が開催されています。正月7日の「大根まつり」で有名な場所ですね。
また、10月10日まで御茶ノ水の明治大学博物館で「十手と錦絵-描かれた捕者の世界」企画展が開催されています。
両者共に入場無料ですよ。
訪れたい企画が続出して嬉しい反面、忙しくなりました。
秋の一日、江戸散策で見聞を深め、帰路は江戸料理や江戸土産を楽しむ。最高の贅沢ですね。

 

袖萩さん、お久しぶりです。
夏は日本の戦争について、今までとは違う方向から調べてました。
戦争の始まりの石油禁輸は、現在と似通っているなぁと。
北の現状から国政選挙も大きな変化はないのでしょうねぇ。
以前に待乳山へ行った時に、大根祭り後だったようで、
大根をお持ち帰りくださいとなっていました。
明治大学博物館は、江戸の刑に関する展示が主になってますよね。
私たちは、夏は江戸散策を休んでましたが、来月から再開し
美味し物と町歩きを季節の中で楽しみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1592-7c14a597

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する