FC2ブログ


日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

賊軍といわれた人々?!

開戦したら戦争は勝利か敗北で終わらなければならないのですが、太平洋戦争では終戦の落としどころが中々見えませんでした。軍部は本土決戦、1億玉砕と徹底抗戦を望みますね

陸軍は山縣有朋が亡くなる大正まで長州閥が主要ポストに付き、海軍は昭和の戦争が終わるまで薩摩が牛耳っていたのです。

          松陰 吉田松陰

昭和になり陸軍は、長州勢から陸大のエリートが主要ポストを独占するようになっても、長州閥の思想の根底にある吉田松陰の侵略思想を受け継いでいたのですね。

薩長は 「国民を道連れにして、最後の一兵まで戦って滅びても良い、日本の国家は自分たちが作ったのだから、どうしようと勝手だ」 という考えがあったというのです。

海軍でもポツダム宣言受諾か否かの会議に於いて、中将の大西瀧治郎が 「特攻作戦で2000万人が死ねば絶対に勝つ」 と機材もないのに馬鹿なことを主張する人もいましたよ。
大西は神風特攻隊を発案したといわれている人物です。

昭和天皇はポツダム宣言受諾のために、鈴木貫太郎を総理大臣しました。鈴木は、3体3に分かれた御前会議の場で、自分は意志をはっきりさせずに、天皇のご聖断を仰ぎ終戦に向かうことになりました。

           鈴木貫太郎 鈴木貫太郎

何故 天皇はもっと早くに決断出来なかったかと思うのですが、時期によっては軍部のクーデターや暴走を怖れたこと、立憲君主としての 「君臨すれども統治せず」 を遂行したといわれています。

鈴木貫太郎の家は関宿藩久世家の家臣で、戊辰戦争では徳川譜代の久世家は賊軍でした。半藤さんと保阪さんは 「官軍がはじめた戦争を賊軍が終わらせた」 と言っています。

明治新政府では、賊軍出身者は薩長の嫌がらせを受けることになります。大久保利通は官界で賊軍排除を始め、山縣有朋は賊軍の会津や庄内を徹底的に嫌い冷遇します。

伊藤博文は賊軍出身にはこだわらなったようで、西郷隆盛は  「官軍、賊軍ではなく新しい時代を作るには優秀な人をドンドン起用した方が良い」 という考えで、岩倉使節団が欧米へ行っている間に、勝海舟や榎本武揚、大久保一翁などを登用します。

           柴 柴五郎

明治には会津の柴五郎、昭和では仙台の今村均など、人間的に優れた軍人が賊軍出身者でしたね。

戦没者を祀ってある靖国神社は、長州の大村益次郎が戊辰戦争の官軍側の戦死者を慰霊するために 「招魂社」 として造り、明治12年(1879)に靖国神社となりました。

           清河1 清河八郎

靖国神社には、禁門の変で亡くなった長州兵は入っていますが、戊辰戦争の奥羽越列藩同盟の人々や西南戦争の西郷軍は、賊軍のために入れなかったのです。禁門の変は朝廷に弓を引いたので、長州は賊軍のはずですけど。

清河八郎が入って佐久間象山は入ってない。清河は、幕府の京都見廻組の佐々木只三郎に斬られたから、象山は長州系の攘夷派に斬られたからだと、徹底的に賊軍排除の長州贔屓です。

           佐久間象山 佐久間象山

敗戦後 陸海軍が解体され、陸軍士官学校・海軍兵学校などの軍学校がなくなったときに、文部省は一般大学の定員の15%に軍学校生を受け入れる方針としたので、戦後の日本には軍人教育を受けた人たちが色々な分野の中枢の位置にいたというのです。

薩長史観は、現在の政財界にも受け継がれているのかも知れませんねぇ。







▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1590-8dd1cb63

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する