日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

夏の吉原での話!?

「終戦2、3日後に政府から女を集めて、進駐軍用の慰安所を作るように要請があり、焼け残った数棟のビルが慰安所に充てられた。一つはシロ用、一つはクロ用と決められ、戦争でバラバラになった女の子が呼び集められたのだ」 という話を数年前 暑い夏の昼下がりに、80過ぎの吉原の町会長から聞きましたよ。

   吉原格子先の図 応為  吉原格子先の図

この話の信憑性を調べると、昭和20年(1945)8月の終りに銀座の焼け跡の数ヶ所に、内務省からの看板が立てられました。

新日本女性に告ぐ!
戦後処理の一端として、進駐軍慰安の大事業に参加する新日本女性の率先協力を求む
女事務員募集、年齢18歳以上、25歳まで、宿舎、被服、食糧など全部支給
特殊慰安施設協会

新聞には 「急告 特別女子従業員募集、衣食住及高給支給、前借ニ応ズ、地方ヨリノ応募者ニハ旅費ヲ支給ス 東京都京橋区銀座7-1特殊慰安施設協会」 の広告が掲載されました。
 
東京の警視庁保安課が、吉原だけでなく芸妓・公私娼妓・女給・酌婦・常習密売淫犯などを集めるように、東京飲食組合、芸者屋組合、貸座敷連合会、慰安所組合などの代表を集め、協力を依頼したのです。

それでも人が足りないので、銀座の看板や新聞広告で、アメリカ兵相手の女性を公募したのですね。

3月10日に下町が、5月に山の手と官庁街が空襲で焼けていたので、住居も衣服もなく飢えに苦しんでいた女性は仕事の内容も分からず、飛びつくように応募したといわれています。

無条件降伏すれば日本人は 「男は奴隷、女は犯される」 と考えられていて、近衛文麿の発案でした。

政府は1000人程の応募を考えていましたが、実際には4000人が応募して来ました。

応募してきた女性たちに 「お国のためになる仕事ですから、誰に恥じることもありませんよ」 との甘言を弄し、プロの女性たちから外国人相手の実技指導を受け、8月下旬アメリカ兵が上陸する頃に吉原は開店しましたよ。

開店と同時に進駐軍兵士が殺到し、連日行列が出来たといわれていますが、料金はかなり高く、一般兵士では始終利用するわけにはいかなかったので、吉原に来る米兵の中には遊妓を強姦する者や、強盗事件が頻発しました。

ここで働く女性たちは 「おいらん」 ではなく 「パンパン」 といわれ、進駐軍将校に囲われると 「オンリー」 と蔑称されたのですね。

「パンパン」の語源は 「米兵が夜、雨戸を パンパンとたたいた」 「南方のどこかの言葉」 「女が米兵に『パンをちょうだい』といった」 などの説がありますね。

1年ほど経つと性病が猛烈な勢いで広がり、米国側は吉原などの遊興地への米人立ち入りをオフ・リミットとします。進駐軍は性病の広がりの原因は、日本側にあるとします。

昭和21年(1946)1月に 「日本の公娼制度に関わる一切の法規廃止」 の指令がGHQから出され、公娼制度は廃止されることになるのですが、GHQからの廃止命令に対して日本政府は、特殊飲食店を指定し、風致上差し障りがない場所に限り集団的にこれを認める方針を示しました。

風致上差し障りがない場所は、戦前から遊廓や岡場所、宿場女郎が居た処で 「赤線地区」 と呼ばれるようになります。広告で集められた女性たちの一部は街娼に転身し、お客の米兵を自己調達することになり、街娼が集まる場所が 「青線地区」 と呼ばれるようになったのですね。

最盛時の娼婦は、全国で7万人、GHQの廃止後でも5万5千人がいたといわれています。

朝鮮戦争の特需で日本経済が立ち直るまで、売春事業が当時の外貨獲得のトップだったといわれています。

同性として心痛む話、戦後 菊池章子が歌った 『星の流れに』 が、思い出されます。






▽コメント

 

  千住姐さんさすがー
私が10月1日進駐軍臨時要員で東神奈川の駅前
一面の焼け跡に集合し九州に来るまで働きました。
(一日10円と米1合・実際にはピンハネで0・7)横浜QMです。
一週間毎の支払いなので残りのチケットは現在もあります。

 それ以前9月に元Y班長から「牛太郎」の話が
私はこの機会に好きな英語を、、、父が断りました。
 姐さんよく裏を取材されましたね拍手です。
それから以降は九州の基地周辺でも「オンリーさん」と称し
専門の女性の方がチョットした家をたて住んでいました。
全盛期は朝鮮戦争前後かなー
 

 

PS   
当時GIが飲む缶ビールは「レッド ホックスかグローブ」でした。
コーヒー缶ぐらいの記憶で美味くないので
日本のビール欲しさに押しかけたとか、
 今でもたばこの「ラッキーストライク」を見るといろいろ思い出します。
日本人は「赤玉」と呼んでいましたよ、
ワイルド&ハングリーの時代です。

 

昭ちゃん、4、5年前の夏、吉原で江戸の俄かをやるというので
見に行きました。俄かは文献とかけ離れていましたが、主催者の
若者に80歳過ぎの町会長を紹介され、話を聞きました。
この話にはビックリしたので、直ぐに調べて書き記して置いてたものです。
昭ちゃんが牛太郎になろうとしたとは・・・。
ビールは知らないけど、ラッキーストライクは覚えています。
今だからこそ、戦争に対して書かなければと思ったのですよー

 

 姐さんの裏が取れてうれしいです。
「進駐軍特殊要員」こんな名称もあり日本女性の防波堤を
自負していました。
横浜QM(補給基地)でもハーシー?のチョコレートや
ラングレーのガムをくれたなー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1577-6e97e674

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する