日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

ぷりぷりの大ハマグリ?!

「春のハマグリの季節に行こう」 と、昨秋お鈴さんから提案されたので、昨日 びらグルメで川崎の 「恵の本」 へハマグリ鍋を食べに行きましたよー とても大きなぷりぷりのハマグリを食べることが出来て、大正解でした^^

       はまぐり

      はまぐり1大きなハマグリには大きなしめじ

その後 お鈴さんの案内で川崎宿を八丁畷から歩きました。田中本陣・中の本陣・佐藤本陣と本陣が3か所もある大きな宿場です。江戸時代の江戸から京への往来では、一休みか通過してしまう宿場の位置ですが、旅人を送る別れの場所でもありました。

元禄7年(1694)5月11日 51歳の芭蕉は、初旅の少年次郎兵衛を伴って西上の旅に出ます。芭蕉の弟子たちは、体力が衰えた師と初旅の少年を気遣い川崎まで送っています。

曾良は更に箱根まで付き添い 『ふつと来て 関より帰る 五月雨』 と詠みます。

芭蕉は 八丁畷で 『麦の穂を たよりにつかむ 別れかな』 と詠んでいますね。 

田中本陣は 『民間省要』 を著わし、宿場の財政を立て直した田中丘隅が本陣家の主人でした。丘隅は後に8代吉宗に召され支配勘定格になります。

佐藤本陣は惣右衛門本陣ともいわれ、幕末の14代家茂が上京の折に、宿泊しています。

        関札

中の本陣は正式には惣兵衛本陣で、佐藤・田中本陣の間に位置したことから中の本陣といわれ、高札場や向かいに問屋場があったことから、ここが川崎宿の中心であったと推測できますねぇ。

田中本陣辺りの宿場道を少し外れると、ご神木の千年大銀杏がある稲毛神社があります。創建は不明ですが、鎌倉時代からの歴史は明白のようです。ここには16の小さな祠があり、それぞれに祭神が祀られています。

ここを過ぎると六郷の渡しまでは、もう少しですよ。

       六郷 六郷川

♪六郷のあたりで川崎の万年屋 鶴と亀との米(よね)まんぢゅう (こちゃ)神奈川いそいで保土ヶ谷へ (こちゃへ こちゃへ)♪ と万年屋は六郷の渡し場のすぐ際にありました。奈良茶飯が有名で、米国総領事のハリスが宿泊したり、和宮が訪れたとの話がありますよ。

慶長 5年(1600)に家康は、六郷川に六郷大橋を架け、修復や架け直しをしていますが、元禄元年(1688)の大洪水で流されたあとは、架橋をやめ渡し舟となったのですね。

現在 橋際に明治天皇が下向したときの明治天皇渡御の碑があり、23艘の船橋で渡った様子のレリーフが刻まれています。

       名板

川崎は戦前 重工業を主体とした産業が発展し、軍需生産にも大きな役割があったことから、日米戦争に於いて米国の空襲で壊滅的な場所になりました。川崎宿を歩いても江戸時代の名残もなく、立て看板や目印で場所が記されているだけなのは、残念です。

町歩きをすると、関東大震災か空襲で失った物の大きかったことをしみじみ感じますよー








▽コメント

 

千住姐さん楽しい集いですね、
近年スーパーにあるハマグリ(めったにないけれど)
ちいさいなー
アサリもシジミもこれが! っと言うほどです。
 「京浜工場地帯」懐かしい呼称で軍需景気になった
昭和12・13年頃の蒲田駅前は
ネオンがキラキラしていましたよ。
 戦後米軍基地の往復に見渡す限りの焼け跡
「東神奈川駅」を思い出しました。

 

昭ちゃん、江戸の仲間は、年齢は違えども楽しい仲間ですよー
3年続くと江戸創業店が無くなってきて、探すのが大変です^^;
先日 古本市で山本七平の『昭和天皇の研究』と
元憲兵が書いた『軍閥』を購入。昭ちゃんが山本七平の名前を
コメントしてくれたので、七平さんが呼んでくれたかも。
戦争に関する本をかなり読んだけど、2.26事件とか何故天皇が
開戦を止められなかったか?が理解出来なかったけど、山本七平を
読み進んで、漸く解ってきました。
やはり戦争に関することは昭ちゃんね^^/

 

姐さんくどくどごめんね。
江戸話の中に現在に通じるものや空襲で失ったもの
興味深々ですよろしくお願い。
「虜人日記・小松真一」ちくま学芸文庫
これも参考になりました。

 

昭ちゃん、捕虜の小松さんの『虜人日記』も面白そうですね。
米国人を称賛するとしたら、京都と奈良を焼かなかったことかな。
歴史の重さを知っていた知識人が居たということですね。
北朝鮮への石油ストップのニュースで、戦争直前の米国が日本に
した仕打ちが脳裏によぎりますよねぇ。

 春の和食

ヒナさん、こんにちは。
仲間とともに旬の和食に舌鼓、その後、江戸探訪の散策へ小さな旅、最高の一日ですね。羨ましいです。
私の母は昭和六年生まれで空襲のときは浅草に住んでいました。幸い家族全員無事に逃げ切りました。今も毎年その時期が近づくと東京大空襲の話を聞きます。やはり現政権下には批判的ですね。
80年代の前半、親しい友が生麦に住んでいてよく遊びに行きました。京急沿線は懐かしいですね。昭和の面影が残る地域が多いように思います。
先日、池波正太郎先生の『剣客商売 包丁ごよみ』という文庫本を購入しました。その料理が剣客商売に登場するフレーズの紹介、レシピ、料理人近藤文夫さんの一口メモ、カラー写真満載で、嬉しい1冊となりました。
少しでも江戸を再現したいため、レシピを参考に作ります。おかげで魚と野菜中心の食生活、体調もよいと感じます。江戸を究めて心身ともに健康でありたいですね。

 

袖萩さん、お母様がご健在の内に、戦争の話を詳しく
お聞きになっておく事を、お勧めします。
両親からほとんど聞いていないので、今となっては残念です>_<
美味しい物を頂いて、共通の話題で話が出来る時間は楽しいです^_^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1533-3cee5a21

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する