FC2ブログ


日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

幕末の疑問・・・?!

自分の思い通りに物事が進んでいると、人は驕慢になり、何故か足元を掬われることが起きるような気がしますよ。世間を騒がせている事象が、蟻の一穴になるかもしれませんしね。

        阿部正弘 阿部正弘

黒船の到来した幕末、老中首座 阿部正弘は外様大名・下級幕臣や庶民に広く意見を求めました。これが幕府崩壊の蟻の一穴だったかも知れないのです。

勝海舟はこのとき、身分を問わず有能な人材を登用、積極的に貿易をし、その利益をもって国防費に当てること、江戸の防備を強化すること、旗本の困窮を救うため兵制を西洋式に再編成し、訓練所の建設も行うこと、火薬の生成工場の建設などを建言し、活躍の場を得ました。

           海舟2 勝海舟

しかし、今まで幕政に口を出すことが出来なかった薩摩藩主 島津斉彬や水戸藩主 徳川斉昭、福井藩主の松平春嶽らも幕政に参画してきます。

船頭が多くなれば船の方向性が定まらないように、幕府の対応も決まらず、大政委任を放棄して朝廷へ勅許を求めることで、更に混迷を深め、挙句の果てに下級武士が尊王攘夷を唱え始めることになるのです。

幕末史を見ていると、阿部正弘の 「言路洞開」 と、西郷隆盛・坂本龍馬・吉田松陰の礼賛に疑問を持っていたのです。

          明治維新という過ち

その疑問を氷解してくれたのが原田伊織氏の 『明治維新の過ち』 『官賊と幕臣たち』 『大西郷という虚像』 の3部作でした。今まで中々しっくりくる明治維新の反論書に出合わなかったのですよー
          
松陰の唱えたことから起こった長州の行為は、後に奇兵隊から出た世良修三のような人物を生むことになり、会津の恭順を受け入れずに東北での戦を起こし、白虎隊より幼い子供たちで形成された二本松少年隊の悲劇に繋がることになったのですね。涙なしでは読めない箇所です。

          奇兵隊 奇兵隊

龍馬が提言したとされる 「船中八策」 は、幕臣 大久保忠寛(一翁)の以前からの構想を基にしたものであることは、幕末史をご存知の方なら知っていると思うのですが。

           大久保一翁1 大久保一翁

龍馬は幕府の使いぱしりだったのではないか、後に亀山社中を起こし薩摩の手先に変わったのではないのか。龍馬が英雄になったきっかけは、不当な日露戦争を鼓舞するために創られたかも知れない昭憲皇太后の夢だったのでないか。

          龍馬2 坂本龍馬

西郷の小御所会議における言動、岩倉たちが慶喜の 「辞官納地」 を主張し、反対した山内容堂に対して 「短刀一本あれば片が付く」 と云ったこと、益満休之助や相楽総三に江戸での強盗・強姦・放火などの行為を指示し、幕府との戦闘を構えるやり方や征韓論を主張したことが疑問でした。

征韓論は西郷でなく板垣退助が言い出したようですが、西郷は自身で 「戦好き」 と云い、「謀略好き」 であったともいわれているのです。

江戸での焼き討ち行為の後、相楽総三は赤報隊隊長として、民衆の支持を得るために薩・長軍から言質を得た 「年貢半減」 を掲げ信州に進軍します。

鳥羽伏見の戦い後の慶應4年(1868)3月になると薩長軍は 「年貢半減」 を取り消し、赤報隊を 「偽官軍」 として討伐し、相楽は下諏訪で処刑されます。使い捨て??

江戸城無血開城の会談は、西郷と海舟だけでなく一翁と山岡鉄舟も同席したそうです。

ヒナ的には、海舟より一翁の方が有能だと思っているし、阿部正弘は言路洞開の愚策だけではなく、幕末の外交において川路聖謨・井上清直(川路の実弟)・水野忠徳・岩瀬忠震などかなり優れた人材を登用しています。

正史は勝者のものなので前史を否定するのだから、正史に疑問が沸いたり、反論を読んで見るのも面白いですよねぇ^^










▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1524-0e494185

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する