FC2ブログ


日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

琳派 光琳と抱一!?

身体の不調は突然やってくる。二つも約束をキャンセルせざるを得なかったので、江戸博の「千住の文化と美術」 の第2回講座も前日迄ダメかと思っていたら、行くことが出来ました。

今回は「千住の琳派絵師」の話。

  風神雷神図宗達50 宗達 風神雷神図

「琳派」の呼称は、江戸時代は 「尾形流」 「光悦流」 といわれ、明治以降に 「琳派」 といわれ始めるのですが、概ね 「光琳派」 といわれていたそうです。

「琳派」 の呼称が広く定着するのは、なんと昭和47年に東京国立博物館で開催された 「琳派展」 に使われた以降で、日が浅いのですよ。

俵屋宗達・本阿弥光悦から始まり、尾形光琳・乾山が大成し、それから1世紀後に酒井抱一が江戸琳派を作り上げますね。

宗達・光琳・抱一は直弟子関係はないのですが、先行者の作品に傾倒し、新たな解釈や要素を加えたとされています。

  風神雷神図光琳50 光琳
  
「琳派」 の技法は、伝統的やまと絵のスタイルを踏襲しつつ 「たらし込み」 の技法を駆使するのが特徴だというのです。「たらし込み」 とは、墨や絵の具が乾く前に異なる絵の具を重ね滲ませる技法だそうです。

江戸琳派の創設者といわれる酒井抱一は、名門大名 酒井雅楽頭家の出で、家督を継いだ兄 忠以(ただざね)の控えとなっていたのですが、忠以に嫡子が出来たことで控えではなくなります。

  風神雷神図抱一25 抱一

酒井家は文芸を重んじいた家系で、忠以も能や俳諧、茶の湯に通じた趣味人であり、抱一も幼少から日本画・浮世絵・俳諧・狂歌と文芸の素養を身につけていました。

30歳の時に兄 忠以が亡くなると、7年後に出家をし武家身分を離れます。抱一には、多くの大名から養子の口が掛かるのですが、全てを断っていました。

抱一が尾形光琳に傾倒するのは出家前と言われ、享保元年(1716)に亡くなった光琳は、存命中に江戸に下向し酒井家江戸屋敷で扶持を貰っていたようで、酒井家には光琳の作品があったというのです。抱一は宝暦11年(1761)生まれですから、光琳との面識はありません。

抱一の本名は、忠因(ただなお)で、多くの俳名や狂歌名を使っていましたが、出家の翌年 『老子』 巻二十二の「是を以て聖人、一を抱えて天下の式と為る」 の一節からか 『荘子』 の 「老子曰、衛生之経、能抱一乎」 から 「抱一」 としたという説があり、この後は生涯 「抱一」 と名乗ります。

  夏秋草図2-70 抱一 夏秋草図

抱一は出家後 根岸に居住しますが、若い頃から吉原や千住へよく来ていて千住の建部巣兆とは昵懇の仲で、巣兆没後に編纂された巣兆発句集に序文を寄せています。

酒好きな巣兆に対して抱一は下戸だったのでしょう。 「かれ杯挙げれば、我餅を喰ふ」 互いの句を誹りあったり、笑いあったりしたと書いており、序文を巣兆に 「誹られざることをなげくのみなり」 と結んでいます。

光琳の有名な 「風神雷神図」 は、宗達の 「風神雷神図」 を模写したもので、抱一も同じ構図で描いています。

光琳の 「風神雷神図」 屏風図の裏には、抱一が 「夏秋草図」 を描いてましたが、現在は損傷を守るために表裏を分離して、それぞれ一双屏風としています。

風神の裏は強風に煽られる秋草や蔦の紅葉が描かれ、雷神の裏には驟雨にうたれた夏草と増水した川が描かれていました。

講座では、抱一を詳しくは取り上げませんでしたが、抱一を調べると酒井家のことや家康との関連が別の角度から見えました。







▽コメント

 こんばんは

酒井忠清は山本周五郎の『樅の木は残った』の影響か私のイメージが悪かったのですが、ちょっと変わりました。夏秋草図の草の緑と川の藍が鮮やかで綺麗ですね。
ところで、山手線の品川駅と田町駅の間に新駅ができるそうで昨日は起工式でした。駅名は高輪とか芝浜とか囁かれています。個人的には泉岳寺に近いので高輪駅として忠臣蔵を前面に押し出してほしいです。忠臣蔵は日本人の心だと思います。

 

袖萩さん、忠以は忠清の直系ではないのです。
忠清の曽祖父が忠以の7代前と兄弟で、忠清の直系はひ孫までで、
忠以の祖父が忠清の酒井宗家を継ぐのです。
酒井家の祖が徳川と同じ徳阿弥ということにもなっていますから、
徳川とは縁戚関係ということになるのですね。
三つ葉葵の家紋も酒井氏と関連があるようで、調べるほどに面白いですねぇ。
ヒナは品川に会社があったので、山手線の田町、品川間は他の駅間に比べて
長いなぁ~と思ってましたよ^^;

 

ヒナ様
お誕生日おめでとうございます。
琳派はやはり、良いですね。
今日の記事には千住が出てこなかったけど、今、千住がアツイ!
今年は絶対千住歩きをしたいと思っています。

 

鶴ヶ島の小ツルさん、ありがとうございます。
バレンタインデーの前日が誕生日ってどうなのかなぁ~??
千住は建部巣兆と抱一の関係ということですね。
でも、江戸関係だと抱一を書いた方が、興味深いのでは。
講座では抱一の詳しい説明はなかったけど、ヒナが抱一の
生き様に興味を持ったので調べましたよ。
千住に興味があるのでしたら、巣兆、鯉の隠居、安藤昌益、千葉さな等を
知ってから来ると興味深いかも知れませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://edosanpo.blog109.fc2.com/tb.php/1511-3a934241

 | HOME | 

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する