日向ぼっ子の大江戸散歩

現代のルーツ江戸を学んで今を探る

虎口からの脱出?!

前のブログで報道について書きましたが、昨夕のTVニュースは政権と関わる前次官の会見より、芸能人の会見を優先してしまったのですよー

前次官の会見をネットで見ていると、大手新聞記者の質問は記者の能力が欠如しているのか、報道を歪めたいのか、何かおかしいかったですね。

前次官は会見で 「国家権力とメディアの関係に不安を覚える」 と発言してましたが、感じている人は多いのではないでしょうか。

    江戸城図虎ノ門
    右側の黒丸が虎御門    赤丸が内藤屋敷

文科省のある場所は地下鉄虎ノ門駅に近く、江戸時代は延岡藩内藤家の屋敷があったところで、虎ノ門は 「虎御門」 といわれた江戸城の主要な外郭門でした。

虎御門の虎の由来が、風水の四神相応からという説が有力だといわれていますよ。北が玄武、南が朱雀、東が青龍、西が白虎ということですね。

青龍を和田倉門近くの辰ノ口として見ると、辰ノ口は虎ノ門の東北にあたり 「左青龍 右白虎」 は、どこから見ての左右なのか定まらないというのです。又、外濠まで風水に基づいたか定かではないともいわれています。

    江戸勝景虎ノ門外之図江戸勝景虎ノ門外之図

虎を寅の方角と見るなら、北から東へ30度の方角なのですが、虎ノ門は江戸城の南にあたってしまいます。

虎御門の内側の堀端には 「比丘尼屋敷」 がありました。比丘尼屋敷は、将軍の愛妾が将軍亡き後に将軍の菩提を弔うために終身住んだ屋敷ですね。

中国では 「男は虎に跨り、女は龍に跨る」 といわれており、虎は女性を意味したことから高貴な男性を相手にした妓女には 「大磯の虎御前」 など虎の名前が多かったので、虎御門は比丘尼屋敷の門だというのです。

   江戸名所霞が関江戸名所霞が関

「虎口」 という説もあります。虎口は 「虎口を逃れる」 「虎口を脱出する」 という危機から逃れる意味から、江戸城から避難する裏門だったというのです。

江戸城初期には、虎御門の西側に1万1千坪の張り出した土地があり、馬出や桝形に十分な面積の土地だったのです。

馬出とは、直線の馬場で馬を乗りだす所で、味方の人馬の出入りを敵方に知られないように城門の外に半円形に築いた土手のことです。

加えて門を出た所に御庭番屋敷もあり、船で出れば赤坂溜池が近く、東に行けば道三掘から日本橋川を経て江戸湾に出られるのですね。

門の周辺には馬場や弓の稽古場 「大的場」 と、危機脱出には都合が良い造りになっていました。

太平の世が続き虎御門周辺は、武家屋敷となっていきます。

さて、政権危機の発端が文科省、虎口から逃れられるかなぁ??






歴史と報道?!

最近 政局を見ていると歴史の真っ只中にいるのを感じますよー 法案の採決方法これはないでしょ。傲慢な答弁とすぐ忘れる国民だからと馬鹿にしてますよね。

     龍馬写真 龍馬写真湿板
            龍馬の写真と写真湿板
 
先日 目黒雅叙園の 「坂本龍馬」展のチケットを貰ったので、見に行きました。

百段階段の各部屋に龍馬の手紙が主として展示されています。

龍馬は幕末の志士としては一番人気があるようですが、龍馬は司馬遼太郎の 「竜馬」 が反映された虚像だと思うのです。

乙女姉さん宛の 「今では日本第一の人物勝麟太郎殿いう方の弟子になり・・・」 とか 「私も最近目が出て来て大きな藩の殿様に考え方を見込まれ、頼りにされ・・・」 手紙を読むと漸く師に出会い、目を掛けられるようになって来た様子が分かります。

   龍馬佩刀 龍馬の佩刀

龍馬は暗殺されたといわれ、暗殺犯を探してますが、暗殺説を言い出したのが誰なのか、いつなのか知りません。暗殺された方が人物が際立って、重要な人物のイメージになりますね

幕末は尊王攘夷思想を叫ぶ若者が京に集まり、天誅と称して敵対する武士や公家を殺戮していましたから、京の治安維持のために新選組や見回り組との抗争がありました。

長州藩士や土佐藩士が池田屋に於いて 「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ動座させる」 と謀議していた時に新選組に奇襲されます。

    酢屋模型 近江屋の模型

お龍に助けられたといわれる寺田屋事件の時には、不逞浪人が潜伏しているということで、伏見奉行所の捕り手に囲まれたわけで、新選組も見回り組も攘夷の若者を刺殺か捕縛していたのでしょう。

それと同じことで、近江屋で龍馬と中岡慎太郎が居ることを知った見回り組に襲われたのだと思います。

龍馬を英雄にしなければならない意図が、明治になり必要になったのです。

    海援隊旗 海援隊旗

龍馬でなく西郷でも良かったのかも知れませんが、西郷は西南戦争で逆賊になったことや海軍的に必要だったことから海援隊を率いた龍馬だったのだと思うのです。

明治37年(1904)の日露戦争の前夜に昭憲皇太后の夢に 「海軍守護」 を誓った武士が出て来たので、宮内大臣田中光顕に下問しました。田中は、それは龍馬の霊だと言い、新聞で報道されたのです。

田中と龍馬が同じ土佐藩士だったということも関係しているかも知れません。

これは露西亜戦に際して、国民の士気を鼓舞するためで、霊山官祭招魂社内(京都霊山護国神社)にある坂本龍馬の墓前に 「忠魂碑」 が建てられることになったのですね。

昭和になり司馬遼太郎の小説の 「竜馬」 と 坂本龍馬が同一視され偶像が出来上がっているのではないかと思うのですよ。

龍馬が仲立ちした薩長同盟も内容を読むと軍事同盟ではなく、長州の名誉回復に薩摩が協力する程度のものですが、同盟書に裏書をしたとされる龍馬を司馬遼太郎が過大評価したに過ぎず、小説を際立たせる手段ではなかたかと考えられるのです。

大河ドラマや小説を本当の歴史だと見る人が多くいます。報道が正しいと思うのは、危険なことだと戦前の歴史から知っておく必要が、今問われているような気がするのです。

雅叙園の展示品は、ほとんどが龍馬から姉たちへの手紙でしたが、写真撮影が許可されていることと、小雨降る日の朝一番だったので人も少なく見やすく鑑賞出来ました^^







時間が止まる空間?!

滝 椿山荘 

深山幽谷の趣きがあるこの地は、山手線内。 昭ちゃん、ここにも時間が止まった空間がありましたよー

目白からバスで10分程の 「椿山荘」 です。

昨日は、びらグルメで椿山荘庭園内のそば処 「無茶庵」 のランチを頂きました。

      先附

ランチ後は園内を散策した後に、神田上水の流れを辿りましたよ。

「椿山荘」は、明治以降山縣有朋の屋敷として有名ですが、有朋は西南戦争の功によって与えられた年金で購入したといわれています。江戸時代は久留米藩黒田家の下屋敷で、南北朝時代から椿が自生をしていたことから 「椿山荘」 と名付けたそうです。

椿山荘のホテルの入り口から庭に下りると、一部が戦災で焼失したのですが、広大な江戸大名屋敷の庭は200年前からの変わらぬであろう景色を見せてくれます。

      無茶庵

「無茶庵」 の建物は室町期の建造物を移築したといわれています。

       石像

江戸中期の画家伊藤若冲の下絵による五百羅漢の20体が並びます。

三重塔 キフ

三重塔や山縣有朋が 「椿山荘」 と命名した記念碑の下には、一石で刻んだ逞しい亀趺が大きな口を開けていました。亀趺の蘊蓄は、専門家の遊山さんでした。

30度の気温の中 緑に囲まれた地には、涼やかな風が吹き渡っていました。

   上水図

外に出て、神田上水の流れを辿って後楽園まで歩きましたが、数日前に行った水戸藩邸内の池泉への水の流れが分かる上水図も表示されていました。

2時間ほど歩くと、暑さで皆すっかり疲れてしまい、いつものチェーン店へビールを求めて急ぎま~す^^;






江戸を愉しむ?!

一昨日は居酒屋巡りで神楽坂の伊勢藤へ行きましたよ。居酒屋巡りは、数回前から居酒屋へ行く前に江戸の関連場所を見たいとのメンバーの希望により、今回は小石川後楽園を見に行きました。

       小石川後楽園     
梅雨入りした今の時期は、花菖蒲が綺麗に咲いていました。

小石川後楽園は、江戸時代水戸徳川家の中屋敷から上屋敷となり、幕末の安政の大地震では、藤田東湖が母を助けようとして圧死してしまいますね。

        花菖蒲 花菖蒲

初代 頼房が築いた庭園を、二代 光圀が明の遺臣朱舜水に改修させて、儒教的と中国的様式が盛り込まれた築山泉水回遊式の日本庭園です。

朱舜水が中国の 『岳陽楼記』 の 「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」 ということから 「後楽園」 と命名したとされています。

青楓に覆われた園内は、ホッとする空間が広がっていますよ。円月橋、大泉水に浮かぶ蓬莱島、大小の自然石と切石を組み合わせた延段は、中国風の石畳です。

        蓬莱島 蓬莱島

水戸藩らしく多くの梅の木に名が付けられた梅林を過ぎると、藤田東湖の記念碑がありました。東湖は、現状の悲憤を漂わせた 『回天詩史』 などを著わし、幕末の志士といわれた若者たちに大きな影響を与えたといわれていますね。

居酒屋 「伊勢藤」 は創業が昭和12年(1937)で日本酒のみで、白鷹が冷酒とぬるい間酒で出されます。

白鷹は伊勢神宮のご料酒で、食べ物は酒のつまみといというより 「当て」 の言葉が合うような物が少々です。

       円月橋 円月橋

そんな雰囲気なので、一人のみの常連さんが多く、1時間ほどで帰ります。私たちも2軒目を目指して早々に退店。

居酒屋巡り、昨年から数回行ってますが、拘りがあるご主人や偏屈な人が多く、お酒を呑むと陽気になる雰囲気とは遠い感じですね。江戸だったら、陽気に呑んで1日の稼ぎでの憂さを晴らしていたのではないかなぁー??

         伊勢藤 伊勢藤

中学生の将棋士が快進撃を続けていて、将棋がブームになりつつありますが、ヒナも子供の頃兄から将棋を教わって、駒の動かし方や少し駒の手が判りますから、面白く見ていますが会社で1度だけ勝ったことがあったのを思い出しましたよー

暗君といわれた9代将軍 家重は将棋好きで、嫡子の10代家治も好んで将棋を指し、詰将棋の図式集 『将棋攷格』 を著わしています。

江戸を楽しむ方法、たくさんありますねぇ^^






権力を得る?!

米国の初代大統領 ジョージ・ワシントンは 「人気のある政治家の悪巧みに抵抗しようとすると、大抵の場合(異議を申し立てる者は)疑われ嫌われる。彼ら政治家には国民の支持が必要だ。(したがって悪巧みの)実現のためには、国民の本当の利益を隠す。

そうやって国民からの信頼を騙し取るのである。外国からの干渉を受け悪事を働く者もいる。国民はそうした政治家に油断することがあってはならない」 と大統領を退くときの言葉です。

       ワシントン大統領 ジョージ・ワシントン

イギリスの政治家で、歴史家であるアクトン卿は1887年に 「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」 と述べていて、最近TVでも用いられていますね。

これから後は、ジャーナリストや政治家が語ったことですが、ある首相や大統領、三代目のおぼちゃまに当てはまるような・・・。

「彼は鼻っ柱が強く、虚栄心に満ちた男であった。利己的で巨大な権力の行使を楽しんでいた」「彼の敵に対する態度は容赦がないものだった」

「彼の頭は冴えているわけではない。彼がやろうとしていることは単純でもない。そして彼の手法はひねくれている」

「彼は行政能力に欠けていた。また彼の立場を利用する親族の(非倫理的)にも寛容であった。いやむしろ無神経であったというほうが正解だろう。彼が信じる国益のためであれば、事実の隠蔽は致し方がないと決め、そのことが正しいか、正しくないか悩むことはなかった」 親族に寛容ねぇ??つまりお友達にも!!

「彼自身の持つ多様な能力が人類にとって必要とされている。そう思い込むほどであった。そうであるにもかかわらず、彼は歴史の理解が乏しかった。わが国の歴史についてさえその理解は怪しいものであった」

「彼には知力が欠けていた。深い思考ができなかった。それが必要な場面では、口先だけの、気がきいていると思わせる演説で切り抜けた。彼には、地方都市のボス連中を政治力で懐柔する能力があった。元々は彼はその能力で出世してきた政治家であった」

これらは32代米国大統領 フランクリン・ルーズベルトを評した言葉ですが、現代の権力者と似ていると思いませんか?

        ルーズベルトの開戦責任

「彼は権力を自らに集中させた。そのさまはヒットラーやスターリンに近いものであったが、彼はこの二人のような独裁者にはなれなかった。彼は二人のように独裁をうまく化粧してごまかす能力にかけていた」

「こうした彼の資質の問題については、彼が大統領になる前には明らかになってはいなかった。彼自身が大統領の持つ巨大な権力に気づくまでは、問題は表面化しなかったのである」

権力を手に入れ、権力の偉大さ使い道が判ると誰でも同じような状態になるのでしょう。

ルーズベルトは、ニューディール政策の失敗から経済が行き詰まり、失業者が減らない状況を打破しようと、ヨーロッパにおけるナチスとの戦争に非介入の立場を支持していた8割の米国民に対して、策を弄して戦争へ参入する道を探ります。

独軍を挑発しますが乗ってこないことから、日本をターゲットにして議会に諮らずハルノート(最後通牒)を突き付けました。

これを読んで、何故米国が近衛文麿と会談をしなかったのか、判りましたよ。

日本国内でも戦争気運は醸成されていましたが、米国が日本を怖れていたからだと思っていたのは間違えで、ルーズベルトや彼の周辺の政治家は戦争をやりたがっていたのだということだったのですね。

ハミルトン・フィッショという米国の政治家が1970年に著した 『ルーズベルトの開戦責任』 に書かれています。






 | HOME |  »

プロフィール


日向ぼっ子

Author:日向ぼっ子
小千住生まれ、大千住育ち 江戸が大好きなおきゃんな中年増で~す。
江戸文化歴史検定1級取得


最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



リンク


このブログをリンクに追加する